野鳥撮影用靴の選び方*シニア女性に向けてフィット感やクッション性、滑り止めに注目!

野鳥撮影方法

これから野鳥撮影を始めようというシニア女性向けに、靴選びのポイントと、筆者が長年愛用している靴をご紹介します。靴だけは慎重に選ばないとケガや事故にもつながります。

靴選びのポイント

  1. 足の形にあったもので、軽量でクッション性が高く、足をしっかりサポートしてくれるものを選ぶ。ぜひシューズフィッターさんがいて、自分の足型に合った靴やインソールを選んでくれる靴屋さん、アウトドアショップに行ってください。
  2. 脱ぎ履きしやすく、滑りにくいソールが特徴のものを選ぶ。滑りにくい靴底のものは大切です。坂道や階段などで滑ると思わぬ事故につながります。身近にある都市の自然公園などでも、結構高低差がある野鳥スポットはたくさんあります。一人なら引き返すこともできますが、お仲間と歩いている時は行くしかないという場面もありますよね。
  3. 防水性や通気性、保温性など、使用するシーズンに合わせたものを選ぶ。多少の雨、ちょっとした水たまりや浅い川ならそのまま歩いても足元が濡れない、冬場も寒くない靴を選んでください

 

コロンビアのオムニテックシューズ

※オムニテックとはコロンビアが独自に開発した機能で、防湿性、通気性、耐久性に優れています

いきなり古びた靴の写真で恐縮ですが、筆者がアウトドアで愛用している靴です。当時で14000円程度です。1年中履いて、5年間愛用していますがまだまだ履けそうな、滑りにくい、疲れにくい、濡れにくい、優秀な靴です。

斜面の上り下りにも安定感があり安心して歩くことができ、浅い川、水たまり、ぬかるみなど防水効果が優れているのでほとんど濡れないし蒸れません。

アウトドアショップでインソールも自分の足型を測って入れてもらっているので、外反母趾の私でも長時間歩いても疲れ方が他の運動靴に比べると段違いです。少々ごつい感じで街歩きには抵抗がありますが、野鳥撮影には信頼できるこの靴が手放せません。以前に普通のスニーカーで滑って足首を骨折した経験から、靴は大切だと痛感しています。

デザイン性高く大人気のMERELLハイキングシューズ

アマゾンベストセラー1位のMERELL WRAPTのハイキングシューズ 11,340円。

ハイカットが苦手な方にでも、これならお買い物でも野鳥撮影でも汎用性が高くて履きやすそうです。ピッグスキンで防水性はないので防水スプレーをすれば良さそう。お天気の良い日に近所の公園で野鳥撮影なんていうときにぴったりですね。クッション性、グリップ性に優れているので、長時間の歩行でも疲れないようです。

コスパが良すぎると評判のワークマンのアウトドアシューズ

最近鳥友の間で評判がいいのがワークマンのDIA高撥水シューズ アーバンハイク

デザインも可愛くて、なんと1,900円です。幅広で足先が窮屈ではない。少々の水ならしっかり撥水。岩場でも問題なく歩ける。紐が解けにくく結びやすいなど、なにしろコスパ抜群だそうです。ご自分の足に合うかどうか、ぜひ一度試してみられてはいかがでしょうか。

厄介な靴ひも問題を解決

アウトドアシューズのネックは靴ひもではありませんか。外出の際、座り込んで靴ひもを結ぶ手間から解放されたい方に朗報です。スリッポン式の靴はアウトドアでは足が固定されず不安定で、どうしても靴ひもが必要になりますが、現在は結ばないで済む靴ひもが数百円から販売されています。

伸縮性があり、装着したままで靴を履くことができます。ゴム素材で靴ひもの圧力を分散させ、締め付け感がなく快適に履くことができます。

一番のメリットは歩行中に靴ひもが解ける心配がないということですね。それによって転倒などの事故を防ぐことができる優れものです。

ぜひ靴を購入の際に、店員さんに相談されてみてはいかがでしょうか。

筆者もランニングシューズでこのタイプの靴ひもを使っていますが、脱ぎ履きが本当に楽で、走っても全く違和感がなく愛用しています。

日本野鳥の会の短い丈のレインシューズ

もう一つ愛用している靴があります。それは日本野鳥の会のオリジナル長です。今までは膝までの長い丈のみの販売で、とてもかっこいいのですが履きにくいのが難点でした。それが2023年に短い丈のレインシューズが発売されたのです。

ゴム長靴の専門メーカーが使用アンケートなどをもとに製作したもので、干潟やぬかるみでも歩き安く、たたむとコンパクトに収納袋に収まり持ち運びしやすいのが特徴です。ショート丈で気軽に履けます。日本野鳥の会と専門メーカーが共同開発したもので、野鳥撮影やバードウォッチングに適しています。

このゴム長靴は、足首の部分をフィットさせるつくりで、ぬかるみでの歩行に対応しています。普段よりワンサイズ大きめをおすすめします。

それでは、お気に入りの靴で楽しい野鳥撮影ライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました